サークル/団体検索

登録団体数 3358 団体
『 ボランティア 』で検索した結果
167件中121~130件を表示

猫と一緒のキャンパスライフ

慶應義塾大学猫サークルひよねこ

学生団体 慶應義塾大学 神奈川県
掛け持ちOK! 大学公認サークル 設立1年以上5年未満のサークル インタビュー有 ボランティア

ひよねこは、『慶應唯一』のネコを中心として活動をするサークルです。 地域住民の協力の下、日吉キャンパス周辺で捨てられてしまったネコたちを保護し、毎週餌やりをしています。みんな警戒心は強いものの、とてもかわいく愛らしい...

詳細を見る
学内 京都産業大学 京都府 宮城県
インタビュー有 ボランティア

2013年11月に創設。 現在は地域密着型部門、こども・教育部門、ボランティアバス部門、国際関係部門の4部門を展開!! 一人一人が主体となり自らでやりたいことを見つけ、活動そのものを0から創っていくことを目指して日々活動して...

詳細を見る
学内 立命館大学 京都府
インタビュー有 ボランティア

私たち人形劇団ふうせんのりは、子どもたちを対象にしたボランティア団体です。主に京都市内を中心に幼稚園や保育園といった場所で人形劇や紙芝居の公演を行っています。この公演で使用する人形や紙芝居はすべて私たちの手で制作して...

詳細を見る
学生団体 京都大学 京都府
インタビュー有 ボランティア

“みなと”は、現地還元、長期継続、協同、初志貫徹という4つをモットーに取り組む、東北復興支援ボランティアサークルです。「現地団体のサポート」と「周知」の2つを軸にしています。その目的は、震災を風化させず、他人事として捉え...

詳細を見る

一緒にビジネス×ボランティアしませんか

copenica

学内 早稲田大学 東京都 東京都
2年生以上大歓迎! 掛け持ちOK! 1年生以外も在籍 大学公認サークルではない メンバーが30人未満 会費なし 土日に活動している 活動頻度が週1日もしくはそれ未満 設立1年以上5年未満のサークル インタビュー有 ボランティア

コペニカは職業学校に通うラオスの若者たちと共同した商品企画・販売をしている学生団体です。販売収益を通じ、訓練生の生活向上と奨学金による教育支援を目指しています。

詳細を見る
PR
学内 立命館大学 京都府
インタビュー有 ボランティア

大学内外においてフェアトレードの推進活動を行っております。立命館大学では珍しいフェアトレード団体です。

詳細を見る
学生団体 宮城県 東京都
インタビュー有 ボランティア

石巻応援団『おしか』は、宮城県石巻市を応援するために2013年の春に生まれた学生による復興団体です。 様々な大学から集まった運営委員によって支援活動の派遣やその内容を計画し、長期休みのたびに派遣事業を行っています。

詳細を見る

学習院大学唯一の国際協力団体

国際協力団体Anchor

学内 学習院大学 東京都
2年生以上大歓迎! 掛け持ちOK! 1年生以外も在籍 大学公認サークル 設立5年以上のサークル メンバーが30人以上 会費あり 平日の夜に活動している 活動頻度が週2~3日 インタビュー有 ボランティア

Fair Trade、TABLE FOR TWO、エシカルファッションを中心に活動を展開する、学習院大学唯一の国際協力団体です。国際協力を通して学習院生が他者や、大学の外へ目を向けてもらえることを目指して活動しています。

詳細を見る
学内 多摩大学 神奈川県 東京都
インタビュー有 ボランティア

国際NGO団体Habitat for Humanity 関東学生支部所属 多摩大学 Zion's Clubです! 湘南・藤沢地区を中心に活動しています

詳細を見る
学内 早稲田大学 東京都
インタビュー有 ボランティア

 WHABITATとは、早稲田大学公認、早大生限定の海外建築ボランティアサークルです。当学生団体はHabitat for Humanityという国際NGO団体に所属しており、その本部はアメリカのニューヨークにあります。Habitat for Humanityは世界中に...

詳細を見る
167件中121~130件を表示

ボランティアサークル

ボランティアとは自発的に活動に参加することです。特に、社会事業活動に無報酬で参加することを指す場合が多いです。ボランティア活動の要素として一般的に4つのポイントが挙げられます。自発性・無償性・利他性・先駆性の4つです。米国ではボランティア活動が世界的に盛んだと言われていて、大学進学の条件に含まれているケースも多いそうです。日本国内でもボランティアの重要性が広く認識され、個人だけでなく企業でも社員総出でボランティア活動に参加するなどといった話が多く聞かれるようになりました。これらはCSR(企業の社会的責任)の一種として、企業価値を高めることを趣旨として行われるケースが多いです。個人のボランティア活動に関しても、NPOや学生団体が主催するボランティアが脚光を浴びています。東日本大震災後、官公庁が一体となって震災ボランティアが行われるようになりました。大学生は社会人に比べて休暇が多いため、長期休暇を利用して震災ボランティアに参加する学生が多く、大学生にもボランティアが身近なものになりました。ボランティア系の学生団体では震災以外にも教育・福祉・地域活性など多岐に渡るボランティア活動を行い、私たちの社会をより良くしようと日々邁進しています。

PAGE
TOP