コラム/インタビュー

インタビュー

全国でも珍しい男子チアリーディングANCHORSの代表にインタビューさせていただきました。

全国でも珍しい男子チアリーディングANCHORSの代表にインタビューさせていただきました。
 
 
代表を務めるのは明治大学2年生小林圭太さん
 
 
男子のチアリーディングって珍しいですね!小林さんが起ち上げたとのことですが、経緯を教えてください。
僕が高校2年生の時に大学選びで悩んでいた時、先輩が早稲田のダンスサークルに入っていたので電車の中で先輩のダンスをyoutubeで見ていました。
その関連動画にSHOCKERSのパフォーマンス(2011年の早稲田祭)が上げられていました。
興味本位で見てみたら、本当に感動してその瞬間からショッカーズに夢中になりその日から大学はショッカーズに入るために早稲田に行くことに決めました。
 
SHOCKERSがあればどんな大学でも良かったってことですか?
そうですね!北海道だろうが、沖縄だろうが飛んで行ったと思います。
海外だとちょっと考えたかもしれませんが(笑)
 
でも、現在は明治大学に在学中ですよね?
そうですね。早稲田大学は一浪までしたのですが、合格できませんでした。
高校生の時からの夢が崩れ、それから数週間は死んだような毎日を過ごしていました。
さすがに親に申し訳なく2浪は出来ないので仕方なく明治大学に進み、SHOCKERSに入ることが諦めきれず、SHOCKERSさんに何でも連絡をして入れてくださいとお願いしたのですが、早稲田生のみという伝統があるため結局断られました。
 
凄まじいエピソードですね
でも、断られた瞬間吹っ切れました。
 
諦めたってことですか?
いや、明治大学に自分で男子チアのチームを作り※USAで優勝するという夢に変わりました。
つまりSHOCKERSを倒すということですね!?

※United Spirit Association アメリカに本部を置く、チアリーディング・ダンスの普及団体。
日本では、USAジャパンが運営し、中学校。高校・大学チームを対象にした全国大会が開催されている
 
なるほど!0から男子チアを創るとなるとメンバーを集めも大変だったと思いますが、偏見なども受けたのではないでしょうか?
そうですね。僕はチアなんてやったことなかったので、最初は女子チアの見学から始めました。当時は女子チアの見学の際からかわれたり、白い目で見られたりしました。
それから、まず友達を増やしスカウトを始め練習が出来るようになったのは入学から8カ月後です。
 
8カ月もかかったんですか!?途中で諦めようと思ったことはなかったんですか?
全くなかったです。男子チアを創ろうと決めてから色んな出会いがあり、支えていただいたからこそ諦めずに練習日を迎えられたと思います。
 
なるほど!例えばどんな人ですか?
入学して3か月くらい経ち体育館が開放され自主練出来る日があることを耳にし、さっそく足を運んだその日、社会人チアの人やSHOCKERSのメンバーにも出会いました!
 
いきなりライバルと出会ったんですね!
自分は、チャンスと思い「チアを教えてください!」と懇願しました。彼らの練習の邪魔になるので断られるかと思ったのですが、あっさり引き受けてくれました。
しかし、体育館で体操部や女子チアの人達がバク宙やバク転をしている中、前転の練習から始めました(笑)
みんな高度な技をやっている中、僕は前転ですよ(笑)すごい視線を浴びましたね・・・
 
チアの基礎として必要だったってことですよね?
そのころはそれしかできなかったですから(笑)
 
その時はまだメンバーは小林さん一人だったんですか?
そうです。まだ一人でした。それからバイトの先輩経由でコーチを紹介してもらい、死にもの狂いでスカウトし8か月で8人を集めやっと練習出来るようになったのですが、自分とメンバーのモチベーションはもちろん違うので、自分一人で練習する日もありました。
 
まだ困難は続くんですね!
僕のモチベーションは高かったものの、辛い日が続いていましたが体育館の管理の人がとてもいい人で、練習終わりに「小さな積み重ね大事なんだよ。今日もお疲れ様でした」といつも励ましてくれていたり、多くの人が応援してくださったので諦めずに続いたと思います。
その後、結局残ったメンバーは4人になってしまいましたけど・・・
 
メンバーの脱退もあったわけですね!当たり前だと思いますが、最初から良いスタートが切れたわけではないんですね。
もちろん簡単なことでは無いとは分かっていましたが、さすがに辛かったですね。
今振り返って見れば、「よくここまで来れたな」と思います!
これも運命なんでしょうね(笑)
残ってくれたメンバーはチアってやってみると意外に楽しいとか練習が好きになってくれました。
また、新入生でも男子チアって最初は抵抗あったけど、意外に楽しいと言ってくれ、多くの方が練習にきてくれています
 
新入生はだいぶ集まってくれているみたいですね!
そうですね。意外にたくさんの新入生が来てくれました。
頼もしい新入生も入ってくれて!
 
どんな子ですか?
勧誘していた時、「俺兄超えたいです」っていきなり僕に言ってきたんですよ
 
だいぶ変な子と出会いましたね・・・
はい(笑)最初よく意味が分からなかったのですが、その子の兄はショッカーズのメンバーなんですよ!
 
なるほど!それで兄を超えたい!!ということですか?
僕個人的には、USAで優勝、つまりSHOCKERSに勝つことですが、兄弟対決も見られるのでワクワクしています!!
マネージャーも運命的な出会いでした。
 
というと?
新入生歓迎会で最初に話した子にSHOCKERSの話をしたら、その子もSHOCKERSのマネージャーをやりたかったものの、断念して明治大学に来た子だったんですよ!
僕は「マネージャーなら早稲田生じゃなくても出来るからSHOCKERS入れば」と勧めたのですが、僕が明治で男子チアを創るということなら、ANCHORSのマネージャーになると言ってくれました!
 
同じ境遇の人と最初に出会うなんて確かに運命的ですね!ところで、男子チアと女子チアの違いってなんですか?
まず、女子チアはパフォーマンスをしていると、とりあえず立ち止まってくれるんですが、男子チアはよっぽどイケメンがいないと立ち止まってくれさえしないです(笑)
しかし、男子だと迫力やトスの高さは圧倒的に魅せることが出来ます!
また、コメディー要素を取り入れることが出来るのは男子ならではかもしれません(笑)
 
確かに!ウォーターボーイズみたいにコントっぽいものも取り入れられるのは男子チアの魅力ですね。
やっとちゃんとした練習が出来るようになって少しほっとしていますか?
落ち着いたというか、地に足が着いたというか(笑)毎回練習が楽しくて仕方ないです!
 
今後は夢に向かって専念できるわけですね!
もちろんUSAで優勝、=ショッカーズに勝つこと)が夢ですが、今後は被災地や、小学校・中学校などでパフォーマンスをして日本全国を元気にしたいです!
 
ツアーみたいなことですか?
そうですね!大会だけではなく、パフォーマンスを通して活気づけるような活動もしたいです。
でもその前に11月の文化祭でパフォーマンスを成功させることが今の最大の目標です。
 
なるほど!明治大学の文化祭は規模が大きいですからね
それもありますが、親にチアをやっていることをまだ話していないんですよ
 
えっ親に隠しているんですか!?
僕が、浪人している時勉強の合間は常にSHOCKERSのビデオを見ていたので男子チアに僕が夢見ていることを親は気づいていたと思います。
しかし、早稲田大学を断念し、夢がかなわなかった僕を親は心配してくれているので、サプライズで11月の文化祭に親を招待してパフォーマンスを見せたいです。
普段は素直に面と向かってお礼が言えないでいるので、文化祭では感謝の気持ちを伝えたいです
 
絵に描いたような感動エピソードですね!!だから最大の目標ということですね
そんなANCHORSにはどんな人に来てほしいですか?
チアの楽しさはやってからじゃないとなかなかわからないと思うので、自分に自信が無い人や、自分の殻を破りたい人に来てほしいですね。
 
初心者でも大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です!
チアはどんなひとでも輝けます。体格、性格、何も関係ありません!!!みんなが輝ける場所です!
見学も受け付けているので、まずは見に来て欲しいですね
 
 
 
 
今回インタビューさせていただいた小林さんは、純粋でひたむきな方という印象を受けました。
チアの話になるとニヤニヤが止まらず、ANCHORSのメンバーのことになると熱くインタビュー中には前のめりになって語って頂きました。彼の手元には情熱しかなかったのにも関わらず、0からチームを創り上げるということは並大抵の努力では出来ません。


諦めようと思ったことは全く無かったと語って頂きましたが、きっと辛く心が折れそうな時はあったと思いますが、ひたむきに努力をしている姿が現在のコーチやメンバーを惹きつけたのでしょう。

ANCHORSのお問い合わせはコチラ
 
サークル・団体募集してます!

PAGE
TOP