コラム/インタビュー

インタビュー

キミにカガクをお届け!サイエンスリンク事務局代表、佐野さんにインタビュー!



2011年にできた「サイエンスリンク事務局」は、子ども向けの科学イベントを開催しています。

今年8月に行われたイベントの来場者は、なんと4000人!

大規模なイベントを10名のメンバーで運営しています。

メンバーも随時募集しているとのことで、代表の佐野さんにお話を聞いてきました☆


<プロフィール>
サイエンスリンク事務局 代表
早稲田大学 先進理工学部 物理学科
佐野 雄図さん
 

アイデアをカタチにできる環境


インタビュアー(以下、イ):今日はよろしくお願いします!まず、サイエンスリンク事務局さんの活動内容を教えてください。

佐野さん(以下、佐野):子どもたちに科学の面白さを伝えるために「サイエンスリンク」という科学イベントを開催しています。

今年の8月には東京都教育委員会後援のもと、来場者4000人、出展者400人という大規模なイベントを実施しました。

イベントでは、子どもたちに科学を体感してもらうために「実験ブース」「工作ブース」「ワークショップ」「サイエンスショー」など沢山の企画を用意しています。

イ:楽しそうですね!イベント以外の活動はどんなことをしていますか?

佐野:月に1回ミーティングをしています。イベント運営の話ではなく、それ以外でやりたいことをみんなで出し合っていますね。交流会やりたいとか、コンテストやってみたいとか色々出ます。ミーティングがない期間に各々アイデアを考えておいて発表する感じです。

「やりたいことはやろう」というスタンスなので、自分で考えたアイデアを形にできる環境です。
例えば以前、「子どもレポーター」という子ども自身がサイエンスリンクのイベントをレポートして子どもたちに発信するという企画をやりました。

これもメンバーから出たアイデアなんですが、レポーターの募集を区役所に依頼してみたら引き受けてくれてたんですよ。区報で募集かけるほどの大きなコンテンツになりました。


イ:区報で募集はすごい!子ども向けイベントをやっているサークルって珍しいと思いますが、なぜ子ども向けなんでしょうか?

佐野:子どもたちの将来の選択肢の一つに、科学がなってくれたらという想いからです。大学生なら自分の将来をぼんやりでも決めていると思うんですが、子どもって何も決まっていないじゃないですか。

それに今って、子どもたちの理科離れが進んでいて、理科の実験に触れる機会があまりないんです。楽しさを知らずに大人になってしまうのはもったいないと思うんですよね。

あとは、子どもってよく分からない存在で面白いというのもありますね。実験を一緒にすると、私たちが想像もしないことを考えついたりするのでそういう視点もあるのかと勉強になります。


 

「安全に実験が行われているか」を見るのが仕事


イ:イベント当日、事務局の皆さんは運営と実験の両方をするんですか?

佐野:私たちの当日の役割は運営です。会場で実際に実験が行われるので安全が第一です。
子どもたちがいるなかで本当に安全に行われているか見ているのが役割ですね。

実験をするのは、普段サークル活動の一環で実験をしている科学系サークルの人たちです。
公募で出店団体を募集していて、科学を伝えたいサークルであればどんな団体でも参加できます。

イ:なるほど。実験内容は事前に把握したりしないんですか?

イベントの1か月前にネタ見せ会というものをやっています。当日良い実験ができるように、出店団体同士が実験を披露する会なんですが、お互いのフィードバックの場にもなるので好評なんですよ。

例えば、右利き・左利き両方の子どもがいるじゃないですか。でも右利き用のはさみしか用意していない団体もあったりして、そういう盲点だった部分に気付けたりします。
 

科学を伝えたい気持ちがある人に入って来てほしい


イ:子どもたちのことも参加団体のことも考えているんですね。事務局メンバーはどんな人が合っているんでしょう?

佐野:子どもたちに科学を伝えたい気持ちがある人であれば、どんな人でも合うと思います。

まずは、ミーティングに遊びに来てくれると嬉しいですね。見学ではなく、一緒に今後やりたいことを考えてもらったりするので活動の雰囲気をつかんでもらえると思います。

終わった後に、行ける人でご飯に行ったりもするので、私たちのことも知ってもらえると思います。
まずはミーティングに来てほしいですね。

— ありがとうざいました! -

来春、2015年3月22日(日)に、東芝科学未来館(神奈川県川崎市)にて第6回「サイエンスリンク」を開催予定するそうです!出店団体やイベント当日スタッフも募集しているそうなので、詳しくはサイエンスリンク事務局HPをご覧ください☆
サークル・団体募集してます!

PAGE
TOP