東京理科大学 宇宙エンジニアリングサークル (R-SEC)

本物の経験と果敢な挑戦が、未来を拓く!

サークル・団体概要

メイン画像
サブ画像
サブ画像

弊団体は、2020年2月に立ち上げ、創立メンバーは4人です。
4月以降に加入するメンバーは1期生となります。

理科大を出発点として、学生による宇宙開発のプラットフォームを作り、様々なプロジェクトを運用することでみなさんに「キャリアに活きる経験」を提供します。

また企業との積極的な連携や、社会貢献にもアグレッシブに活動する予定です!

宇宙が好きという方、将来エンジニアになりたいという方、男女学年問わず募集しています!
また、デザインや団体運営に興味がある方も募集してます!

活動内容

このサークルでは、プロジェクトマネジメントやシステムズエンジニアリングの経験を積むことで、将来どの分野のエンジニアリングに必要になる知識と経験を学びます。
主に以下の活動を予定しています。

【運営・経営】
弊団体では、宇宙開発のプラットフォームを作るために課題の解決や基盤作りを進めていきます。立ち上げ初年度なので、大きなやりがいがあります。
また、企業との渉外により、人事や財務面で管理が必要になります。これらを通じて、経営面での体験を得ることができます。

【人工衛星プロジェクト】
Cubesatの開発・運用を目標として、様々なコンテストへの参加や研究を重ねます。人工衛星の開発による、多くの系からなるプロジェクト運営や精密なものづくりから学べることは多いです。

【ローバープロジェクト】
月面や火星、小惑星などで運用できるローバーを開発し、衛星との相互通信を目標にしています。
どんな状況でも動く屈強で、ペットのような可愛らしさを持つ機体を作り、運用します。

【ロケットプロジェクト】
人工衛星やローバーは打ち上げるロケットがないと運用ができません。
ロケットには、強靭なボディと精密な制御、シミュレーションなど大学ではあまり学ぶことがない技術を学ぶことができます。

【デザイン系】
HP作成や広報活動、宇宙機へのデザインなど。

サークル・団体情報

代表者 清田 尚希
設立年 2020年4月1日
参加大学 (初年度) 東京理科大学 (工学部、理工学部)
人数(男女比) 4人 ( 3 : 1 )
活動場所 東京都 、 千葉県
活動頻度 全体会は月1 , 製作活動はプロジェクトごとに異なる
会費 未定 (他の資金源として、出資やクラウドファンディングも含む)
Twitter https://twitter.com/rsec_2020
Facebook https://www.facebook.com/common.rsec
飲み会の頻度/激しさ 予定はしていませんが、希望があれば実施する予定です。
特色 2年生以上大歓迎! 掛け持ちOK! 1年生以外も在籍 大学公認サークルではない 設立1年未満のサークル メンバーが30人以上 会費なし 土日に活動している
メンバー申請 お気に入り追加

更新情報

アルバム

アルバムはまだ投稿されていません

ブログ

ブログはまだ投稿されていません

開催予定イベント

開催予定イベントはありません

PAGE
TOP