国際居住研究会

開かれた居住研

サークル・団体概要

メイン画像
サブ画像
サブ画像

国際居住研究会は「私たちは世界の誰しもに可能性の開かれたフェアな社会の実現を目指します」という理念に基づいて活動しています。名前だけでは、貧困問題を「住居」という面から見るだけの団体と思われるでしょうが、私たち団体には多様なプロジェクトが活動しており、国内外の貧困に目を向け、その他に暮らす人々と「共に」問題解決を目指す活動を行っているのです。

活動内容

国外派遣としては、発展途上国の貧困層に住居建築を通して支援するGlobal Village、フィリピンの女性子供支援やスタディーツアーを行っているSalt、バングラデシュの孤児院の支援を行っているBandhu ,国内派遣としては、発展途上国の農村リーダー育成を行っているアジア学院、東北の震災支援など、様々な活動があります。

サークル・団体情報

代表者 樋口麻美
設立年 1997年4月1日
参加大学 同志社大学 同志社女子大学
人数(男女比) 183人 ( 6 : 4 )
活動場所 京都府
活動頻度 週一(ただし活動による。)
会費 入会費3000円と年会費3000円
Twitter https://twitter.com/kyojuken
特色 2年生以上大歓迎! 掛け持ちOK!
メンバー申請 お気に入り追加

更新情報

ブログ

ブログはまだ投稿されていません

開催予定イベント

開催予定イベントはありません

PAGE
TOP