日本・イスラエル・パレスチナ学生会議 (JIPSC)

対話の失われた場所、イスラエル・パレスチナから

サークル・団体概要

メイン画像
サブ画像
サブ画像

日本・イスラエル・パレスチナ学生会議(Japan-Israel-Palestine Student Conference/JIPSC)はイスラエル・パレスチナ問題を軸に活動するインカレ学生団体です。
1. 政治的に対立したパレスチナ人、イスラエル人が対話をすることのできる場の創出
2.日本に置けるイスラエル・パレスチナ問題への関心喚起
を二つの理念として活動しています。

メンバーの募集を行っております!
「興味はあるけど、知識がない…」なんて方も大歓迎です!お気軽にご連絡ください!

活動内容

【最大の活動】
・日本・イスラエル・パレスチナ合同学生会議(毎年8月開催、2019年現在第17回目)
:イスラエル人、パレスチナ人の大学生を日本に招聘し、日本人参加者とともに合宿型の会議を行います。イスラエル・パレスチナ問題について議論したり、広島の平和記念資料館を訪問したり、観光をしながら仲を深めていきます。

【2019年度の会議の予定】
8月6日~21日の約2週間、広島と東京にて開催。

【その他】(予定含む)
・公開勉強会
・高校生向けセミナー
・映画上映会
・学校祭参加・出展
・報告会
その他イベント・企画随時発案

【交流】
・JYPSC, ICU Peace Communityなど

【活動の流れ】
JIPSCは合同学生会議の報告会を行う毎年12月を年度末とし、活動しています。
12月以降は、翌年度の会議の準備にとりかかります。当団体の主要調整メンバーを「オーガナイザー」と呼んでいます。「オーガナイザー」は毎週土曜にそのためのミーティングを行います。
新入生の主な活動は、イスラエル・パレスチナ問題についての勉強会に参加、イベント担当です。8月の会議では、イスラエル人、パレスチナ人と積極的に交流してもらい、また日本について発表する役割を担います。(新企画の発案は積極的に歓迎しています!)

Facebookに詳細や写真を載せてるので、ぜひご覧ください!

サークル・団体情報

代表者 久保俊太
設立年 2003年7月1日
参加大学 国際基督教大学、東京外国語大学、上智大学、京都大学、青山学院大学、獨協大学、中央大学、明治大学、東京大学など(過去3年間を含む)
人数(男女比) 15人 ( 1 : 2 )
活動場所 東京都
活動頻度 会合を毎週日曜の午前中に行います。また、8月にはイスラエル人とパレスチナ人を招聘した会議があります。
会費 会議参加費用以外は特にありません。
HP https://jips.amebaownd.com
Twitter https://twitter.com/jipsc10th
Facebook https://www.facebook.com/JIPSC
飲み会の頻度/激しさ みんなでご飯に行くことがあります。 縛りはないのでご自由に企画してください!
特色 2年生以上大歓迎! 掛け持ちOK! 1年生以外も在籍 大学公認サークル 設立5年以上のサークル メンバーが30人未満 会費なし
メンバー申請 お気に入り追加

更新情報

開催予定イベント

開催予定イベントはありません

PAGE
TOP