mirai -*未来*-

ミライを変える

台風被害のニュースを受けて

  • ミチ



こんにちは!サークルメンバーのミチです!

今回は、3連休を直撃した、台風14号と15号、このニュースについて、書かせていただきたいと思います。

皆さんもニュースで既に見ているとは思いますが、大変な被害が出ていますよね。

台風15により、静岡県内では、9月の月間降水量の平年値を超える大雨に見舞われ、県中部や西部を中心に猛烈な降水を観測。
この大雨により、土砂崩れ、浸水被害、道路の陥没、橋の損壊、停電など、被害が相次ぎました。

また、静岡市では25日時点で、およそ5万7000世帯で断水が続いていて、市と海上保安庁が合わせて28か所に給水所を設けて対応していますが、復旧のめどは立っていないということです。

また、台風14号でも、各地で浸水被害や、農業被害などが報告されており、至る所に、台風の爪痕が残っている状況です。

【参考記事】
▶︎https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ9S2JGPQ9SOXIE006.html?iref=sp_photo_gallery_above

▶︎https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220925/amp/k10013837021000.html

▶︎https://www.mbc.co.jp/news/article/2022092000059678.html


台風は、割と身近な自然災害ではありますが、
映像として見ると、やはり衝撃があり、
たった1日で、こんなにも変わり果ててしまうんだなと、自然の脅威を感じました。

私の住む地域では、ありがたいことに、大した被害はなかったのですが、自分の身に同じことが起こったら、どうなってしまうのか?

今までは、どこか人ごとの様に感じていたのですが、自分ごととして、ちゃんと考えなければな、と思いました。

『災害大国』といわれる日本では、台風だけではなく、地震、火山噴火、豪雨、津波など、いつ何が起きるか分かりません。

自然災害でなくとも、交通事故や不慮の事故、病気や感染症、心の病や寿命など、わたしたちはいつ死んでしまうかも分かりません。

いざという時、自分を、大切な人を守れる様に、備えをしっかりすること。

そして、いつ来るか分からない死に対して、自分はどう生きたらいいのか。何を大切に生きるのか。

日々仕事に追われ、心や時間の余裕がないと、なかなか考えることはないですが、そんなことを今一度考える、貴重な機会となりました。

私は、死ぬ時に、生きてて良かったなと思えるように生きたいと、漠然とですが思いました。

その瞬間に、後悔しないよう、自分の選択した道を、出来るだけ真剣に生き、そして周りの人に感謝し、誰かに安らぎを与えられるようになれたらと思います。

あくまで理想なので、なかなか上手くいかず、理想と現実に落ち込むこともありますが、

自分の人生なので、周りに流されたり、誰かに責任転換するのではなく、自分の意志で決め、選んだ道を後悔しないように進みたいと思っています。

なかなか、こういった立ち入った話をする機会はないので、思いや意見がありましたら、是非聞かせていただきたいなと思います。

miraiサークルでも、「災害に備える会」「死を意識するディスカッション」などのイベントを開催中です!
気になった方は「お問い合わせ」欄から、お気軽にご連絡ください(^^)





最後まで見てくださり、ありがとうございました♪

PAGE
TOP