mirai*未来*

ミライを変える

格差問題~あの究極の資本主義国家の今

  • ひかり

1対299、この比率は何を表していると思いますか?
 
これはアメリカの大手企業(正確にはS&P500指数構成企業)のCEOと従業員の平均年収の比率です。
従業員299人分の給料をたった一人で手にすると考えるとものすごい格差ですよね。
 
しかもこの比率は前年(2019年)の1対264からさらに増えています。
 
2020年はコロナで世界がダメージを受けましたが、各国が金融緩和政策を行って、マネーが市場にあふれて株式市場に向かった結果、アメリカを中心に株価が上昇、株価連動報酬が上がって年収も増えたCEOが多かったと言われています。
 
より社会的責任の大きい仕事を担っている社長が多くの給料をもらうことは当然なのかもしれませんが、ここまで格差が生じるのは妥当なのでしょうか?
色々と考えさせられる比率だと思います。
 
格差の勉強会では、これ以外にもいろいろな格差を見てみなさんと感想をシェアしたいなと思います♪

PAGE
TOP