アイビー〜新たな自分へ 一歩踏み出そう〜

新たな自分へ 一歩踏み出そう

本当にやりたいことってなんだろう

  • ひなこ

生まれてきた意味はなんだろう。
どんな生き方に価値があるのだろうか。
本当にやりたいことを見つけたい。

19歳の時、私は気づくとそんなことばかり考えていました。体調不良でやむなく休学し、将来への不安と焦り、劣等感を抱えながらの模索でした。

心から打ち込めるものを見つけたくて、本を読んだり、講演会に行ったり、社会人の話を聞いたり、学生団体に参加したり、、思いつく限りの行動をしてみました。
そして、新たな考えに触れ、刺激的な出会いがあったりすると、「これで何かが変わるかもしれない!」とワクワクした気持ちになるのですが、その高揚感も一時的なもので、次の日になれば今までと何も変わらない自分がいました。

「結局何も変わっていない。どうしたらいいんだろう」
「このまま一生が終わってしまったらどうしよう」..

焦燥感の中で、また書店通いや人と会うことを繰り返す。。そういった日々を続けていました。


そんな私でも、心について学ぶ中で、自分の中に軸ができ次第に迷いが晴れていきました。

以前は、いろんな人に会いたくさんの経験をすることで、何かが見つかるのではないかと思っていました。
しかし実際には答えが見つかることはなく、いろいろな考え方に触れれば触れるほど、かえって迷いが増していきました。
がむしゃらに情報を取り入れるのではなく、まずは自分と向き合い、自分を変える努力を始めてから、日々やるべきことが明確になり生きるのが楽になっていきました。


当時、学校に行けなかった私は、自分に自信を持つことができませんでした。

「このままでは、社会でやっていけないのではないか」

「また苦しいことがあったら、続けることができないのではないか。」

自己嫌悪の渦の中で悩み、どうすれば抜け出せるのかわからずもがいていました。

しかし日々の心の持ち方を変える工夫を続けていくうちに、「あれ?私変わったかも」と感じる瞬間が増えていきました。

・以前だったら何日も落ち込んでいた場面で、早く立ち直れるようになった。
・できなかったところより、できた部分に目を向けて喜べるようになった。
・できない自分も受け入れて、その時できることに前向きに取り組めるようになった。

心が変化すると同時に、毎日の充実度や物事への取り組み方が変わっていきました。
そして、ついには復学し、毎日学校に通えるようになりました。
また、無理だと思っていたバイトまでできるようになりました。

「人は変わることができるんだ。」
そんな確信が持てるようになりました。

自分自身が苦しんだ分、同じように悩んでいる人の気持ちを理解することができる。
もっと成長して、今度は誰かの役に立ちたい。

同じような思いを持った人で集まり、お互いに励まし合い、成長し合える場所を作りたいな。

そんな思いで、アイビーの活動は始まりました

PAGE
TOP