STEM Leaders

ITスキルで社会課題を解決してみませんか?

【STEM Leaders主催 第5回外部セミナー 〜課題設計のチカラ〜】

  • 佐藤優希

【STEM Leaders主催 第5回外部セミナー 〜課題設計のチカラ〜】   2019年4月27日(土)、アクセンチュア株式会社 赤坂インターシティにて「デジタル×社会課題 〜課題設計のチカラ〜」というテーマでNPO法人STEM Leaders主催第5回外部セミナーが開催されました。
第5回外部セミナーではアクセンチュア株式会社の村重様とNTT西日本の金澤様を招き、講演(第1部、第2部)&グループワークを行いました。
 第1部では、地方の観光、地域経済の活性化を目的に、キャッシュレス、VRなどのデジタル技術を用いて講演者が実際に取り組んだ事例をもとにプレゼンテーションしてもらい、ビジネスにおける課題設計の考え方、ポイントを学びました。
 第2部では、コンサルティングの実践を通じた、ロジカルシンキングのポイントを紹介していただき、グループワークを通じて疑似体験をしました。     以下に、ためになった事など、紹介していきます。   ⚫️AIに対するイメージが明確になった    現状、日本では900万人労働者が不足しているおり、AIを活用し、そのAIを活用するために、プログラミング・数学が必要であると今回の外部勉強会でためになりました。
この話を聞くまでは、AIによって仕事が奪われると思っていましたが、逆にAIを活用していくのがこれからのデータを用いた社会なのかと思いました。   ⚫️課題に対する考え方が変わった    これまで、課題という言葉に対してはマイナスイメージの印象が強かったのですが、講師が「課題は前向きなもの」と話してくださった時には、課題という言葉は目標を達成するための過程にすぎないものなのかと思い、そこから課題に対して、マイナスイメージを持たなくなったので、すごくためになりました。    最後に、実際に自分の足を運んで、プロフェッショナルの講師が実際に取り組んだ事例をもとに、普通に学生生活を送っているだけでは体験できない具体的なアイディアを知ることができました!私たちが実際に、ネットやニュースなどで一度は耳にしたことのある諸問題とその解決方法を学べるのは非常に貴重だと思います。
 加えて、講師が私たち参加者に合わせて話を展開する講演で、活発に学べることができました。
 この記事を読んでくださって、興味が湧いてきた人は次の外部勉強会に足を運んでみてはどうでしょうか?

PAGE
TOP