上智大学学生NGO「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-

教育が子どもたちの未来を拓く一助になると信じて

部署長インタビュー⑥ 会計長

  • はるな

皆様こんにちは!ここまで部署長インタビューを読んで頂けましたでしょうか?
部署長インタビューは今回でラストとなります。今回は、会計長の教育学科、田中沙弥さんにインタビューをしました!!



高橋:こんにちは!今まで他の部署の部署長の方々にインタビューをしたのですが、特に会計部ではどのような活動をしているのですか?

田中:支援者様からいただいた支援金を管理しています。またお預かりした支援金や支出がいくらあるのかなどの報告を行っています。

高橋:お金を扱うといっても、送金部とは違ってお金の管理が主な活動内容なのですね!やはりお金を管理するのは大変だと思うのですが、そんな中でどんな時にやりがいを感じますか?

田中:確かに、お金を扱うことになるので、責任を問われます。ですが「めぐこ」が活動していくためには欠かせない部署です。細かいことに目配りができると同時に広い視野を持つことができ、縁の下の力持ちのような役割を担うことができます。

高橋:学資支援を行う「めぐこ」ならではの、まさに「縁の下の力持ち」を担う部署だと感じました!「めぐこ」での活動の内部でこうしたお金の管理ができていないと、支援者様と私たちメンバー、そして支援先の関係性を保つことはできませんよね。では、最後に新入生にメッセージをお願いします!

田中:会社のような組織ではあるけれど、1つ1つの活動がやりがいを感じられると思います。少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。



皆様、ここまで「めぐこ」のそれぞれの部署の部署長の方々にインタビューをしてきましたがいかがでしたか?「めぐこ」ではどの部署も重要な役割を担っているのだとわかって頂けたかと思います。どれも「めぐこ」が「めぐこ」として活動するために活動に励んでいます!

新入生の皆さん、魅力的な部署はありましたか?「めぐこ」についてもっと知りたい!そんな方はぜひ、フレッシュマンウィークでブースに立ち寄って下さい!

本日も読んで頂きありがとうございました。

PAGE
TOP