上智大学学生NGO「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-

教育が子どもたちの未来を拓く一助になると信じて

部署長インタビュー③ ファンドレイジング長

  • おきび

こんばんは!
寒暖差が激しい日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、いつも振り返れば笑っているファンドレイジング長、総合グローバル学科2年の宇野安奈さんです!!





吉備: ファンドレイジング部(通称、ファンド部)はどんな活動をしているんですか?

宇野: 奨学金支援を行う「めぐこ」では、街頭募金やチャリティバザー、イベントへの出店などでもお金を集めています。ファンドレイジング部は、そのようなお金を集める活動の企画、運営を主に行っている部署です。

吉備: なるほど〜。「めぐこ」の国内活動で資金集めをするにあたり、核となる部署なんですね! ファンド部で大変なことややり甲斐といえば何ですか?

宇野: ソフィア祭などのイベントは、何ヶ月も前から話し合いを重ね、直前にはとても慌ただしくなります…。ですが、イベントを成功させた時の達成感はファンドレイジング部でしか味わえないものがあります!!

吉備: 本当にそうですよね!ファンド部の支えがあって、私たち「めぐこ」は日々の活動や各イベントに携わることが出来ているんだと思います。 それでは最後に、新入生のみなさんは一言お願いします!

宇野: あなたのアイデアが形になります!!充実した1年になること間違いなし!





本日も読んで頂きありがとうございます!

PAGE
TOP