【学生限定FXトレードスクール】ACT TRADERS stu

学生が本気でトレードを学べる場

日本企業の業績は順調??

  • 中澤

皆さんこんにちは、こんばんは!最近親知らずが生えてきて、大人の階段一つ上がりました、ナカザワです。

いきなりなんですが、今、日本の企業の業績がどういう傾向にあるかってご存知ですか??

上場企業1600社の2018年3月期の純利益は、前期比較で、17%増える見込みらしいです。この好調決算には、IoTの普及などで半導体が増えたりして、電機とサービスが好調らしいです。

ここで、ちょっと変わった目線からこの現象を考えていきたいと思います。

それは、”円高への耐性”です。

近年の企業は、円高への耐性がついてきた、つまり、円高の影響をあまり受けない対策をできているということです。

日本の上場企業は、自動車メーカーなど、海外で稼ぐ割合が高いため、円高で、輸出採算が悪化し業績が落ち込みがちでした。それに対して、日本企業は、海外での生産を増やすことによって、地産地消を進めました。

これによって、材料の調達から販売まで、何から何まで、現地通貨建て替えにすれば、為替変動のリスクは抑えられて、業績UPにつながります。

これに加えて、最近多い、IT関連企業の若い会社が増えてきていることも好業績につながっていると考えられます。

以上、僕ららしく、為替的な観点で考えてみました。


一読いただき、ありがとうございました!!!

PAGE
TOP