環境サークル TSALL東北

環境ボランティアの「はじめの一歩」のためのサークル

山元町で今年最後の育樹活動!

  • 中野雄登

9月24日(月・祝)、再び山元町の海岸沿いの苗木の植栽地にて、育樹活動(草むしり)を行いました。サークルとしては3回目の育樹活動で、今年は一応これで最後となります。

そしてこの9月にサークルに加入した新入生を交えての初めての活動です。毎回お世話になっているNPO法人生命と環境保全の伊勢様から、初めに植栽地の土についてご説明いただきました。

植栽地には山砂を客土していますが、それだけだと粘土が下層に集積し、根の伸長を妨げてしまうそうです。そこで、一度土を掘り出してココピートなどを混和したものを再度入れているとのこと。これによって根が自由に伸びる層(有効土層といいます)は70cmほどは確保できているのではないか、とのことでした。

お話を伺った後は、いよいよ草むしり開始です。



今回の場所は平成27年度と28年度にクロマツを植栽したところです。6月に一度草を抜いたそうですが、3ヶ月が経過し、大きく丈夫な雑草が生え揃っていました……( ;∀;)







約2時間弱ほど、心地よい汗を流して作業終了です。ありがとうございました!








手を使って「TSALL」を4人で表現しようとするも、手の使い方に戸惑うメンバー



作業後のお昼ご飯は、すぐそばにある海の見える堤防で食べるのが定番になってます。


PAGE
TOP