greenbird 学生事務局

KEEP CLEAN,KEEP GREEN

グリーンバード学生チーム、ガクサー参戦!

  • 竹野 大輝

みなさん、こんにちは!



《ごあいさつ》 
グリーンバード学生チームの竹野です。
都内の大学に通う、大学新4年生です。

2015年3月からガクサーHPに活動情報を公開しています。

僕たちの活動情報は
ガクサーの団体ページに詳しく載っています。

簡単に言いますと、



みんなで「グリーンバードビブス」を着てごみ拾いをして、



飲み会をしたり、



パーティを開いたり、



飲み会したりしています!

《楽しく活動することがなによりのモットー。》
ボランティアって大事なことだけど
世間からは、「めんどくさい」とか「偽善」とか「かっこわるい」とか
あんまり良いイメージが持たれていない。

だったら、どこよりも楽しい活動にしちゃえばいい話。
毎回たくさんの学生が参加してくれる。
大半は遊んじゃっているけど、その真の目的は
「ボランティアって楽しい」「これなら参加してもいい」と
思ってもらえることなんです。

《おこがましくも、リーダーである僕からメッセージ》
少し自分の話です。
僕はグリーンバードに大学1年生の時から関わっています。



キッカケは葉山のビーチクリーンでした。

そこで見たのは、ごみを拾うカッコイイ人たち。
海の家で、めっちゃチャライパーティするのに
ちゃんとごみ拾ってるんです。
よく小学校の時にモテた「やんちゃだけど勉強できる」みたいな人。

ちょうどその頃、僕は、
大学の定期テストでカンニングする人がいっぱいいたり、
大学の前にある赤信号の横断歩道を、子どもが見ていようが何だろうが平気で渡る人が多かったり、
コンビニで買ったものを食べ歩きながら、その包装紙を脇道にポイ捨てしたり、
「大学生ってみんなこうなのかな?」って疑問に感じていました。
だから自分はどれもしなかったし、
信号は車が全くいなくたってムキになって守ったし、
ポイ捨てされていたものをわざわざ拾って捨てたりもしました。

それを周りの友達に話すと、
「偽善者ぶってんじゃねえ」ってよく言われたんです。
ルール違反をしているのは、至極当たり前で、
それを遵守したり、社会的に良いとされることをしようというのは偽善。
「なんだかさびしいなあ」って思いました。

葉山の海のごみ拾いを経験した後、二つの思いがありました。

ひとつは、良いとされること(その代表がボランティアだと僕は思います。)は
いくらでもかっこよく見せられるんだなあという思い。

もうひとつは、周りの学生たち、とくに遊びまくっていたり、悪ぶっているように見える人たちの
ボランティアに対するイメージ変えられることができたらいいなあという思いでした。

その思いをかなえるために、グリーンバードに関わり始めました。

長く書いてしまいましたが、
こんなことを考えながら、日々酒を飲んだり、騒ぎまくったり、女の子を口説いてみたり、
決して「真面目だけ」と思われないようにしています。
従来のダサいイメージの活動にだけはならないように気を付けています。

この活動を続けていれば、ほんとにほんとに少しずつですが
僕のように考えてくれたり、良いことはカッコイイって思ってくれる人が
増えていく気がしています。

みなさんがどう思うかはわかりませんが、少しでも共感してくだされば
一緒に活動を作っていきましょう。

これを読んで、ただの偽善者だと思った方は、一度参加してください。
可愛い女の子と酒を飲んで帰ってください。

参加待ってます。
https://www.facebook.com/student.greenbird
お問い合わせ: student.greenbird@gmail.com


 

PAGE
TOP