【学生限定FXトレードスクール】ACT TRADERS stu

学生が本気でトレードを学べる場

為替レートの相関関係

  • 石井

皆さん初めまして、こんにちは!
どうも相場が眠らない限り眠れない石井です。



常時為替を追い続けているそんな僕より、今日は為替についてのシェアです!
為替ってなんで動くのか?という疑問あよくありますが、理由は簡単で、
「買いたい人が多いから上がる、売りたい人が多いから下がる」ということです!
中学でも習う需要と供給の関係ですね。

では、少し掘り下げます。例えば「ドルを買いたい」というのはどういうことなのでしょうか?
ドルを買うためには何を支払っているのか?
答えは「ドル以外の通貨を支払っている(売っている)」です!
何かの通貨を買うということは、何かの通貨を売っている
また、何かの通貨を売っているということは何かの通貨を買っているのです。
 

このように為替というものは特定の通貨単体で考えるのではなく、他の通貨との兼ね合いを
考える必要があります。
 

ただ、すべての通貨がそれぞれ独自の動きをするかといわれればそうではなく、
全く同じではありませんが、似たような動きをする通貨があります!
なぜ〇〇と〇〇が似た動きをするのか?を考えるとマクロ経済の考えもでできて面白いと思います!
代表的なものを以下にまとめます!
 

・JPY-CHF
→共に「安全資産だから」
・AUD-NZD
→オセアニア圏内の通貨。経済が似ている
・GBP-CAD
→共に資源国の通貨。
(JPY=日本円、CHF=スイスフラン、AUD=豪ドル、NZD=ニュージーランドドル、GBP=英ポンド、CAD=カナダドル)
 

また、長期の目線で大きく分類すると「リスクオン資産」「リスクオフ資産」
という分け方をして、相関関係を確認することができます。
 

そこについてはまた今度シェアさせていただきます!

PAGE
TOP